スオメンタロ
Suomen Talo

「フィンランドの家」という名の小さなギャラリー


スオメンタロは、あなたとあなたの大切なゲストひとりだけが使える、特別なギャラリーです。
12月6日の独立100年記念日までに使えるように準備しています。
4m、2m、1mのキャンバス地の壁に囲まれた、5畳(8.5㎡)くらいのシンプルな空間です。



冬のラップランドのウォーキングツアーに参加した時、地元のガイドさんが自慢げに言いました。

「素晴らしいところでしょう! 
何の音も聞こえず、何ひとつ動くものも見えず、色も無い、匂いさえしない。
世界中、こんなに静かなところはどこにもないでしょう!」

無の世界・無の境地は観念的なあるいは精神的なことと考えいましたが、現実の無の世界にいることに感動しました。
日常の生活の中に、無を体感できる空間が欲しい。
気に入った一点の絵を見るだけの空間があればいい。

そんな想いを実現する、一人だけの一点だけのギャラーを提案します。